漫画神

漫画界の神となるブログです。

【進撃の巨人】96話のネタバレでベルトルトがアニのことが好きだとわかるシーンが再び

f:id:saitouchang:20170812203906j:plain

進撃の巨人96話のネタバレで、「ベルトルトさんやっぱりアニのことが好きだったのね!!」と、ツッコめるシーンが描かれました。

すでにお亡くなりになってしまったベルトルトさんのなんとも可愛いシーンが見られるので、ベルトルトファンは必見であります。

スポンサーリンク
 

ライナーのセリフでベルトルトがアニのことが好きだと確定

ベルトルトがアニのことが好きだというのは、ライナーのこのセリフで確定するわけです。

ライナー

「故郷に帰ったらアニに自分の思いを伝えろ」

「見すぎだ」

「俺じゃなくたってわかるくらいな・・・」

「先の短い殺人鬼同士だろ?こんなの俺達以外に誰が理解し合えるっていうんだ」

f:id:saitouchang:20170812202201j:plain

 

そして、アルミンのこのセリフを聞いて激怒することから、ベルトルトのアニへの気持ちの本気っぷりがうかがえます。

アルミン

「アニを置いて行くの?」

「アニなら今・・・極北のユトピア区の地下深くで拷問を受けてるよ」

「彼女の悲鳴を聞けばすぐに体の傷は治せても痛みを消すことはできないことはわかった」

「様々な工夫を施された拷問がー」

ベルトルト

「悪魔の末裔が!!根絶やしにしてやる!!」 

f:id:saitouchang:20170812202754j:plain

 

こんな感じで、「ベルトルトはアニのことが好き」というのが読者の中で印象づけられていったのですが、残念ながらベルトルトはすでに死亡。

f:id:saitouchang:20170812202940p:plain

 

アニも結晶化。

f:id:saitouchang:20170812203035j:plain

 

それ以降登場がないので、「ベルトルトがアニのことが好き」という設定はだいぶ忘れ去られてしまった感があります。

 

しかし!!

96話にて、再びベルトルトさんがアニのことが好きという設定を思い出させてくれることをしてくれるのです。

スポンサーリンク
 

96話のベルトルトのアニに対する反応がオモローww

96話でのベルトルトのアニに対する反応をご覧ください。

 

ライナーとアニ、ベルトルトの3人は壁の中に潜入することに成功し、始祖の巨人の情報について話しています。

そのときのベルトルトさんの反応にご注目。

ライナー

「・・・そうか やはりあのフリッツ王は影武者だったか」

アニ

「あのじいさんだけじゃなくて家ごと別物だった」

「何の権限も無い木偶人形だけどおそらく「ユミルの民」じゃない」

「百年前フリッツに媚びた他人種系エルディア人が壁の中央を仕切ってる」

ベルトルト

「じゃあその家に取り入ればいいんだ」

「本物の壁の王に通じてるはずだ」

アニ

「・・・どうやって?」

「使用人として雇ってもらうとか?それとも私がその家の男に擦り寄って嫁入りするとか?」

ベルトルト

「そんなのダメだよ!!」

 

「そんなのダメだよ!!」ってww 

 

続けざまに・・。

アニ

「そう これは無理」

「奴らは「ユミルの民」じゃないから権力の中秋にいられるのに家計に「穢れた血」を観戦させるようなヘマはしないよ」

「壁が破壊されてからは侵入者を警戒して新たな使用人は雇ってない」

「・・・そもそも私に男をたぶらかせるような魅力は無いし」

ベルトルト

「そんなことないよ!!」

 

男を落とす魅力がないと自虐するアニさんに対して「そんなことないよ!!」

なんて・・なんて紳士なんだベルトルトさん!!

 

そりゃあ、アルミンに「拷問が〜〜」とか言われたらブチギレますわww

 

てな感じで、良い感じに「ベルトルトがアニのことが好き設定」を思い出させてくれた96話ですが、ライナーたち目線で描かれるとまた新たな発見がありますね。

このままどこまで回想シーンが続くのでしょうか??

巨人ファンの私としてはこういうのも全然ありですが、そろそろ新しい動きもほしいところ。

次回以降に期待します!!諌山先生!!

スポンサーリンク