漫画神

漫画界の神となるブログです。

【進撃の巨人】第1話「二千年後の君へ」の意味が判明したが凄すぎるww

f:id:saitouchang:20170527160715j:plain

進撃の巨人の第1話のタイトルの意味は前々から考察されてきましたが、ついにその意味が判明しました。

最初からここまでの展開を考えて描いていたのは本当に天才的ですね。

スポンサーリンク
 

進撃の巨人第1話のタイトル「二千年後の君へ」

進撃の巨人の第1話のタイトルは、「二千年後の君へ」。

f:id:saitouchang:20170527160715j:plain

 

かなり意味深なタイトルなので、「二千年後の君へってどういう意味よ!?」と、昔から議論されてきました。

 

おまけに第1話の入りもループものを匂わすような描かれ方だったので、それも話題となっていた要因ですね。

詳しくはこちらをどうぞ。

www.mangashin.xyz

スポンサーリンク
 

「二千年後の君へ」の意味が判明

進撃の巨人の伏線がガンガン明らかになることで、第1話のタイトル「二千年後の君へ」の意味が明らかになります。

その意味を知るための鍵となるのが、「九つの巨人を継承した人間は13年しか生きることができなくなる」という情報。

エレン・クルーガーの話から、九つの巨人の力を継承した人間は、その瞬間から寿命が13年になることがわかりました。

www.mangashin.xyz

 

これを踏まえて上で以下の話を読んでみてください。

巨人の始祖であるユミル・フリッツが大地の悪魔と契約し、始祖の巨人の力を授かった後にその力はフリッツ家に継承されていきます。

そして、145代目フリッツ王のときにパラディ島に逃亡し、進撃の巨人の舞台となる三重の壁を築きます。

145代目フリッツ王まで綺麗に13年ごとに継承されたと仮定すると、13年×145=1885年になります。

 

そして、エレンたちが描かれる舞台は壁ができてから107年後の話

1885年+107年=1992年になりますね。

 

で、エレンの残りの寿命が何年かと言うと・・・8年になります。

1992年+8年=2000年。

つまり、「二千年後の君へ」というのは、「エレンに寿命がきて次に始祖の巨人の力が継承される人へ」という意味になります。

 

まだ確定したわけではありませんが、この考察でほぼ確定でしょう。

いやぁ、第1話からここまで考えていたというのは驚きですな。

スポンサーリンク
 

継承されるのはエレンの子供??

九つの巨人を継承したエレンは死んでしまうことが確定したわけですが、その継承者はいったい誰になるのでしょうか?

もし、エレンに子供ができたらその子供に託す可能性は高いと思います。

 

エレンの子供だと、やはりミカサとの子供・・と、なるのでしょうか??

個人的には超ミカサファンなので、無事エレンとうまくいってくれる姿を見たいものです。

スポンサーリンク