漫画神

漫画界の神となるブログです。

【進撃の巨人】ミカサの頭痛シーン一覧!「ループ説の伏線」という謎を考察!

f:id:saitouchang:20170418161806j:plain

進撃の巨人のヒロインとも言えるミカサには度々頭痛を感じているシーンが描かれます。

実は、ミカサの頭痛に関してはとある噂が流れており、今回はそれについて詳しくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

作中何度も描かれるミカサの頭痛シーン

進撃の巨人のヒロインとも言えるミカサは、作中何度も頭痛を感じているシーンが描かれています。

 

まずはこちらの超大型巨人によって壁が破壊され、大量の巨人が街に流れ、そこから避難していくとき。

f:id:saitouchang:20170418161050j:plain

出典:http://festy.jp/

 

訓練兵時代、避難できなかった母子を助けたときも頭痛を感じているようなシーンが描かれています。

f:id:saitouchang:20170418161215j:plain

出典:http://festy.jp/

 

女型の巨人がエレンを連れ去ろうとしたときも頭痛が起きています。

f:id:saitouchang:20170418161806j:plain

出典:wiki(アットウィキ)って何?

 

エレンがライナーとベルトルトに連れて行かれた際も頭を抱えているようなシーンが描かれています。

f:id:saitouchang:20170418161248j:plain

出典:http://festy.jp/

 

親友のアルミンが死にかけていたときも頭痛を感じていました。

f:id:saitouchang:20170418161630p:plain

出典:進撃の巨人ネタバレ最新話考察

 

このように、ミカサには作中度々頭痛が起きているシーンが描かれており、これは「とある説の伏線なんじゃ?」と噂されています。

スポンサーリンク
 

ミカサの頭痛はループ説の伏線!?

進撃の巨人の中で有名な考察が「進撃の巨人はループものなのでは?」ということ。

今までの進撃の巨人を見てみると、「これってループものなんじゃ?」と思わされるシーンが実はあります。

 

例えば、第1話の冒頭のシーン。

f:id:saitouchang:20170418162244j:plain

出典:漫画ネタバレ・考察王

 

エレンが「ミカサ・・・お前・・・髪が伸びてないか・・・?」というセリフを放ちます。

作中に登場する兵士時代のミカサはショートカットですが、幼少時代はロングヘア。

そのため、このセリフは「ショートヘアだった兵士時代からループしてきたという伏線なのでは?」と言われています。

その後すぐに、「すっげー長い夢を見ていた気がするんだけど」もループ説を匂わす発言っぽいですよね。

 

そして、極めつけが最近描かれたこちらのシーンでしょう。

f:id:saitouchang:20170418162848j:plain

出典:まとめなまとめ - blogger

 

エレンの父親であるグリシャが壁外にいた頃、エルディア復権派として壁内から始祖の巨人を奪還しようと目論んでいましたが、その活動がバレ、マーレ兵士に巨人にさせられそうになります。

そこをエルディア復権派でありながらマーレにスパイとして紛れていたエレン・クルーガーに救われます。

 

そして、最後に「ミカサやアルミンみんなを救いたいなら使命を全うしろ」と口にします。

ミカサやアルミンが登場するのはまだまだ先の話。

グリシャが壁外にいるということは、まだエレンが生まれてすらない頃の話ですからね。

 

にも関わらず、エレン・クルーガーが「ミカサやアルミン」と口にしたということは、この話がループものであるという決定的な裏付けとなったシーンと言えます。 

 

そして、話題になっていたのは「ミカサの頭痛こそがループの起点なのでは?」ということです。

ループものはなんらかの出来事をきっかけに過去の地点に巻き戻るというパターンが多いです。

例えば、キーパーソンの死がきっかけで過去に戻るなど。

 

これだけミカサの頭痛が何度も描かれているということは、これがループの起点となっている可能性は高いですね。

ミカサに頭痛が起こるシーンを見ると、「自分の親しい関係人の死」が関係しているように思えます。

家族同然のエレンが連れされたときであったり、親友のアルミンが死にかけていたときだったり。

 

一番あり得るのは、やはり想い人であるエレンが死んだことがきっかけでループが起こるという展開だと思いますが、はたして本当にループものなのでしょうか?

非常に気になる謎の一つです。

スポンサーリンク