漫画神

漫画界の神となるブログです。

【東京喰種:re】143話のネタバレでダルマとなったカネキは実はウタが赫子で作った分身説

f:id:saitouchang:20171006212338p:plain

東京喰種:re143話の展開が相当衝撃的なもので話題となっていますね〜

ただ、「あのカネキは実は本物ではなく、ウタの赫子で作った分身なのでは??」という予想もあります。

その予想の根拠とはいったい!?

スポンサーリンク

 

143話の展開をおさらい

ざっくり言うと主人公であるカネキ君が特に見せ場を作ることなく、現最強の捜査官であるジューゾーにやられ、ダルマ状態となってしまいます。

f:id:saitouchang:20171006113633j:plain

 

「今度こそは守る」と誓ったものの、結局誰も守ることができず、カネキ君にとってはバッドエンド以外の何物でもありませんがこんな展開も東京喰種らしいといえば納得ですかねw

詳しくはこちらの記事にまとめておりますのでご覧ください。

>> 東京喰種:re143話のネタバレが壮絶すぎるww

 

ダルマとなったカネキは実はウタが赫子で作った分身!?

一瞬にしてカネキがダルマとなっていたのはかなり衝撃的でしたが、実はこんな予想もあるのです。

「やられたカネキは、実はウタが赫子で作った分身なのでは??」

 

いったいなぜこのように予想されているのかと言うと、143話のタイトルがこのようになっているからです。

「ウタの優しさ」

 

143話のタイトルは「ウタの優しさ」とありますが、話の中ではそんな要素は一切感じられません。

なので、「ウタの優しさ」というのはウタがカネキの分身を赫子で作ってあげたことを指していると、予想されているのです。

 

確かに、142話では謎の仮面を被ったウタらしきキャラが登場しているのでその可能性もなくはないです。

f:id:saitouchang:20171006212338p:plain

スポンサーリンク

 

それでもカネキが赫子分身説はないと思う

確かに、143話の「ウタの優しさ」のタイトルの意味が回収されていない感は感じますが、それでも僕は今回ダルマにされたカネキが赫子で作られた分身ということはないと思います。

赫子の分身で作られたカネキが、CCG最強のジューゾーと互角に戦えてしまうのはないと思いますし、回想の仕方や描かれ方的にもニセモノには到底思えない。

なので、今回やられてしまったカネキは本物のカネキだとは思いますね。

 

とは言っても、タイトルの意味が回収されていないということでなんらかの形でウタが噛んでいる可能性はあります。

次回144話の展開を楽しみにしておきましょう。

 

143話の中には他にも注目すべきポイントありました!!

旧多のセリフに注目です。

>> 【東京喰種:re】143話のネタバレの「コウリュウギ」とは!?竜の正体はまさかのカネキか!?

 

有馬の過去が読める東京喰種JACKって知ってる!?

f:id:saitouchang:20170304193233p:plain

東京喰種のサイドストーリーで、有馬が主人公の「東京喰種JACK」という作品を知っていますか?

喰種捜査官になりたての有馬の活躍を楽しめる作品なので、東京喰種ファンは必見です!!

>> 有馬の気になる過去はこちら

スポンサーリンク