漫画神

漫画界の神となるブログです。

【七つの大罪】バンの名言&名シーン9選

f:id:saitouchang:20170602114936j:plain

七つの大罪には様々なキャラクターやエピソードが登場し、多くの読者の心を掴んでいます。

アニメ化などもされ、様々なメディアミックスも行われていることからマガジンを牽引している作品のひとつと言えます。

今回は七つの大罪に登場するキャラクターの1人、バンの名言をこれまでのエピソードから厳選して紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク
 

バンの名言

バンの名言は以下のものが挙げられます。

 

『本当の罪』ってのは…滅ばすことなんてできねーのさ。

  • コミックス:3巻
  • エピソード:バン初登場時

 バンが初登場した際に発した名言です。本当の罪の重さを知っているバンだからこそ、言えた台詞ではないかと思います。

罪という言葉は簡単に言うものではないというのが伝わってきます。

 

いつか必ずお前を奪う

  • コミックス:4巻
  • エピソード:エレインに向けた想い

バンがキングに石化された際、エレインが登場します。

次の瞬間、エレインはバンに口づけをすると石化が解除されます。

バンとエレインをお互いに想う心が強いからこそ、出会えたと言えます。

キングはエレインが見えていないものの居るのに気づいています。

そんな中、バンから出てきた名言が「いつか必ずお前を奪う」です。

 

いつかは…いいことあるかもなって

  • コミックス:小説七つの大罪セブンデイズ
  • エピソード:エレインの問いに答えるシーン

バンが生命の泉を訪れた際、エレインに出会います。

エレインはなぜ生命の泉に訪れたのかを問いかけます。

それに対するバンは「いつかは…いいことあるかもなって」という名言を言います。

罪の重さなど様々な経験をしているバンならではというのが感じられるシーンになっています。

 

のほほんと暮らすのも悪くはねぇかもなぁ

  • コミックス:4巻
  • エピソード:エレインが人間はどうして強欲なのか疑問に思うシーン

番外編のエピソードです。

エレインがバンに人間の強欲な所が分からないと問いかけた際、バンは「のほほんと暮らすのも悪くはねぇかもなぁ」と言います。

様々な修羅場を経て、エレインと邂逅したことで心境の変化を感じさせる台詞となっています。

平穏に過ごせることは多くの人が望んでいることでもあるので、共感を覚えた人も多いのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク
 

お前の兄貴を捜して連れ戻す。そうすりゃお前は 晴れて自由の身だ

  • コミックス:4巻
  • エピソード:エレインがバンに対して、恋愛感情を覚えたシーン

番外編のエピソードになります。

バンが生命の泉目当てであることを知っており、複雑な感情を持っている場面になっています。

2人が出会ってから7日、打ち解け合っているからこそ持つ感情とも言えます。

その際、自分目当てだったらとエレインが呟くと、バンは「んじゃ、そうするか?」という言葉に続き、「お前の兄貴を捜して連れ戻す。そうすりゃお前は 晴れて自由の身だ」と言います。

エレインのことを想っているからこそ言えた名言ではないかと思います。

 

中途半端な甘さは誰も救えない。てめえと仲間を殺すだけだ。

  • コミックス:3巻
  • エピソード:デールへの攻撃を躊躇う際のメリオダスに対し

魔神となったデールに攻撃できないメリオダスを叱責する際に出てきた台詞が「中途半端な甘さは誰も救えない。てめえと仲間を殺すだけだ。」です。

何事も中途半端ではいけないというのが感じられる名言となっています。

仲間を想っているからこそ、言えたのではないかと思います。

 

あんたは理想の親父だったんだ

  • コミックス:18巻
  • エピソード:ジバゴとの再会

バンが「あんたは理想の親父だったんだ」とジバゴに語り掛けるシーンです。

ジバゴが自分の息子を救ったことを恨んでおらず、むしろあの時はそうしないと許せなかったとバンは語っています。

2人の息子を救えなかったものの、その内の1人に再会してジバゴは涙します。

 

アンタのことは一生忘れねぇ

  • コミックス:12巻
  • エピソード:エレインを蘇らせるためにメリオダスと戦うシーン

女神族に唆されたバンはメリオダスと戦います。

バンの抱えている事情を知ったメリオダスは殺されることを同意します。

その際に出てきた名言が「アンタのことは一生忘れねぇ」です。

メリオダスに対する情がこもっているものになっており、どこか迷いも感じられるものになっています。

 

団ちょは…一緒に来いっつったんだよ!生まれた時からずっとどこ行ってもつま弾き者のクソみてぇな人生送ってきたクソみてぇな男にな!

  • コミックス:7巻
  • エピソード:メリオダスに魔神族の疑惑がかかった際

メリオダスが魔神族という疑惑で七つの大罪に不協和音が走った際に出てきたバンの名言が「団ちょは…一緒に来いっつったんだよ!生まれた時からずっとどこ行ってもつま弾き者のクソみてぇな人生送ってきたクソみてぇな男にな!」です。

魔神族を憎んでいる所とメリオダスを信用しているからこそ出てくる台詞になっています。

 

まとめ

今回、バンの名言を厳選して紹介させて頂きました。

いずれも作中屈指のものになっているので、一度コミックスを読むのをおすすめします。

勿論、この他にも数々の名言や名場面が存在しています。

 

スポンサーリンク